1: 2016/08/13(土) 09:29:24.61 ID:CAP_USER
http://toyokeizai.net/articles/-/129027
no title


スズキ「ワゴンR」。1990年代半ばに登場し、軽自動車市場で圧倒的な強さを誇ってきた"ドル箱"が、かつての輝きを失っている。

たしかに軽自動車全体の販売台数は落ちている。三菱自動車工業の燃費データ不正事件が発覚したためもあり、 かつては新車の4割に達していた市場占有率は、いまや3割にすぎない。全国軽自動車協会連合会が発表した、 今年6月の車種別販売台数で見ても、ベスト10に入った車種で前年同月比アップを果たしたのは3位のホンダ「N-WGN」と9位のスズキ「スペーシア」のみ。 他車は軒並み減少した。

現在の軽自動車の人気は「スーパーハイトワゴン」
このランキングを見ると、数年前との顔ぶれの違いも発見する。つい数年前まではワゴンRがトップ争いの常連だった。 ところが、現在トップ争いを繰り広げているのは、同じホンダの「N-BOX」とダイハツ「タント」。基本モデルで全高1.7~1.8メートルという「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるタイプの軽乗用車だ。

4位と5位には逆に背の低いハッチバックのスズキ「アルト」とダイハツ「ミラ」が入っている。ワゴンRはその下の6位で、すぐ下に同じくスズキ「ハスラー」が迫る。
そして8位はワゴンRの宿命のライバル、ダイハツ「ムーヴ」が位置している。スペーシアの下、10位にはダイハツ「キャスト」がランクインしている。

ちなみに今年1?6月の累計で見ると、2トップは変わらず、3位がアルト、4位に日産「デイズ」が入り、以下N-WGN、ハスラー、ワゴンR、スペーシア、ムーヴ、ミラとなる。

つまり現在の軽自動車の一番人気はスライドドアを持つスーパーハイトワゴンで、続いてハッチバックのアルトが続き、 ワゴンRとムーヴが競り合っていたワゴンクラスはN-WGNがトップに立っている。ワゴンRはなぜここまで凋落してしまったのか。

実はこの構図、小型乗用車のランキングに似ている。小型乗用車では、コンパクトカーと呼ばれる小型のハッチバックと、 スライドドアを持つ箱型ミニバンが人気だ。価格が安く燃費が伸びるコンパクトカーを求める層と、さまざまな用途に使えるミニバンを求める層がボリュームゾーンになっている。この状況が、軽自動車にも押し寄せつつあるようだ。

アルトの統計には「ラパン」「ターボRS」「ワークス」も含まれており、燃費だけで売れているとは言えないが、標準車のカタログ燃費が軽自動車ナンバー1の37km/Lであることは大きいだろう。加えて現行アルトはデザインや走りもレベルが高い。 軽自動車のハッチバックはビジネス用として使われることも多く、それを嫌うユーザーもいるが、地方都市などで見るかぎり、 現行アルトに関してはオーナードライバーが多い。

後席は子供の着替えやベビーカーの置き場所
一方のスーパーハイトワゴンは、初代タントが発表された2003年当時はスライドドアではなかったこともあって、それほど注目されなかった。 助手席側をセンターピラー内蔵のスライドドアとした2代目もそうだった。

だが2008年にスペーシアの前身である「パレット」、2011年に「N-BOX」といったライバルが両側スライドドアを備えて登場し、 タントも2013年登場の現行型で両側スライドドアとしたことで、売れ行きに拍車が掛かった。

 軽のスーパーハイトワゴンはどれも後席が驚くほど広い。スライドをもっとも後ろに下げれば、身長170cmの筆者なら足を前に伸ばすことさえ可能だ。 ここまで広くなくても楽に座れると思う人が多いだろう。

それもそのはず、多くのスーパーハイトワゴンユーザーは、座るためにこの空間を欲しているわけではない。子供の着替えやベビーカーの置き場所として活用している。テールゲートは軽自動車では手動で、跳ね上げると小柄な人では開け閉めしにくいのに対し、 スライドドアは多くの車種で電動となっており、アクセスしやすいからだろう。

1993年に初代がデビューしたワゴンRのコンセプトは、これらのスーパーハイトワゴンとはまったく異なる。「2シーター+マルチスペース」 が当初のコンセプトだったからだ。
元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471048164/
1.5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/8/(日) 17:06:28 ID:kurumania
2: 2016/08/13(土) 09:29:31.30 ID:CAP_USER
それが証拠に初期型は、運転席側にリアドアがない1+2ドアのみだった。リアシートの前後スライドはなく、 代わりに背もたれを倒すと座面が同時に沈み込み、低く平らなフロアを作り出せる、ダイブダウン方式と呼ばれる凝った機構をいち早く採用していた。
広さより使いやすさを優先した作りだった。

ワゴンRという車名も、ワゴンに近いパッケージングゆえだ。最後のRはレボリューショナリー、リラグゼーションという意味を持たせたとされるが、 鈴木修会長は自身の著書で、「セダンもある、ワゴンもあ?る」という語呂の良さから採用したと記している。

ツール感覚の造形
もうひとつ、ワゴンRの人気を不動のものとした理由として、デザインの要素は外せない。
 
スズキは以前から、機能重視のシンプルでスマートなデザインを得意としていた。1979年発表の初代アルト、1988年発表の初代エスクードなどが好例だ。 しかもワゴンRは、近年の軽乗用車としては珍しく男性ユーザー向けとして開発された。よってツール感覚の造形が施された。それが老若男女を問わず幅広く受け入れられた。

ワゴンRが登場した時、日本はバブル崩壊直後で、庶民の懐具合は厳しかった。しかし軽自動車へのダウンサイジングは、まだプライドが許さなかった。 そこへツールっぽいデザインのワゴンRが登場した。男性が乗っても恥ずかしくない軽乗用車の登場。時代が求めたクルマでもあったのだ。

しかしその後、軽自動車へのダウンサイジングを引け目に感じない人が増えると、上級車種に匹敵する広さを求める層が多くなった。 そこへ登場したのがタントやN-BOXであり、ワゴンRから主役の座を奪っていった。 もうひとつ、ワゴンRの流れを発展させた、ツール感覚の軽乗用車が身内から登場したことも大きい。2013年に発表されたハスラーだ。

ハスラーのプラットフォームやパワートレインはワゴンRと共通だ。シートアレンジもワゴンRと同じ。一方で初代が提示した遊びの道具としてのキャラクターは、 さらに強調された。その気持ちがユーザーにも伝わっているのか、ハスラーのオーナーは軽乗用車としては男性比率が高いようだ。ワゴンRを求めるようなユーザーが流れたとも考えられる。

ワゴンRは初代からコンセプトを変えずに作られている、稀有な日本車だ。ユーザーの中にはそれに飽きて、より広い室内を持つタントや、 個性的なスタイリングのハスラーなどに流れた人もいるだろう。ただしワゴンRはワゴンRの枠内で、地道に進化を続けているのも事実だ。

通算5代目となる現行型は、助手席下に小型リチウムイオン電池を積み、スターターモーターをモーター機能付き発電機に変えることで、アイドリングストップ、 加速時のモーターアシスト、減速時のエネルギー回生を実現する、マイルドハイブリッド車となった。
 
現行アルトで車両重量600kg台を実現した軽量化技術もいち早く投入しており、2WDでは最上級グレードでも700kg台という数字を実現した。 軽ワゴンのカテゴリーで700kg台を達成しているのはワゴンRだけである。

その結果JC08モード燃費はリッター33kmと、軽ワゴンでトップの数値を達成した。実際に運転しても、軽量ボディとモーターアシストのおかげで、 自然吸気エンジンでも活発に走る。スーパーハイトワゴンではターボが欲しいと思うこともあるが、ワゴンRではターボはいらないと多くのユーザーが感じるだろう。

スタンダードを磨き上げる
広さか維持費か個性か。現在の軽自動車の嗜好性は、この3方向に集約できそうだ。スタンダード路線を貫くワゴンRがベストセラーに返り咲くのは難しいかもしれない。 しかしスズキはジムニーのように、販売台数の少ない車種でも需要があれば進化させていくという姿勢も持っている。

一方、販売台数が落ちたからといってコンセプトを変えることは、避けたほうが良さそうだ。スズキにはかつて「MRワゴン」という、ワゴンRをベースに個性を強調した軽乗用車が存在したが、モデルチェンジのたびにコンセプトを変えた結果、3代で消滅してしまった。タントもハスラーも、 ワゴンRがあったから生まれた。スタンダードを磨き上げていくことが、今のワゴンRにとって重要なのだろう。

5: 2016/08/13(土) 09:40:18.12 ID:QgOnIuvn
時代の流れだからしょうがないだろ
それ言ったらアルトとかミラにも言えるんだが

8: 2016/08/13(土) 09:41:37.00 ID:kYvMj4Kc
軽のカローラとしてコンセプト変えずに行くべきだよな。

10: 2016/08/13(土) 09:42:13.27 ID:OmCaolX2
代わりにハスラーラパンアルト
あとソリオにクラスアップ

11: 2016/08/13(土) 09:43:03.88 ID:zdcD+x00
エンジン同じなら車重の軽いアルトでいいや
幅と長さが大きく出来なけりゃ広くなったとは言い難いし
大きさもパワーも限られれば自ずと低重心で走りの軽快さ重視だな

14: 2016/08/13(土) 09:45:11.79 ID:bSQZkuOC
スズキ頑張れ。応援してるよ

15: 2016/08/13(土) 09:46:45.72 ID:+ZQtJMbB
タントとNボックスが登場したから

24: 2016/08/13(土) 09:52:55.51 ID:m+/d+1FD
これを乗り回してる層を見るとちょっとな

25: 2016/08/13(土) 09:53:01.98 ID:vKgdLAxF
単純にカッコ悪くなったからだろ

28: 2016/08/13(土) 09:57:11.25 ID:EVDNL/0u
ハスラー、ワゴンR、スペーシアは一括りでいいだろ

31: 2016/08/13(土) 09:58:33.78 ID:S6o2bNMJ
ハスラー増えたし
そら何かしらのキャパは減るやん

40: 2016/08/13(土) 10:08:05.98 ID:2kwGhtb9
MC22は良かった。当時の軽では珍しい、4AT(コラム)でフルオートエアコン、
内外装ともにかっこよくてエンジンも良かった。
オイル交換さえマメにしてれば絶好調で、高速は95km/hからがパワーバンド。
欠点は暗いライト、効きが弱いブレーキ!

50: 2016/08/13(土) 10:22:50.14 ID:PIje1Pzk
モデル末期だし、ハスラーに客が分散したってだけだろ

61: 2016/08/13(土) 10:40:19.44 ID:oGU5y+2i
初代はドシンプルが受けて
二代目以降しばらくはターボのヤンチャぽい所が若者に受けてたな
現行型は中途半端だよな

65: 2016/08/13(土) 10:49:34.74 ID:btFm7dIa
ゲームのナンバリングが長く続いてるものが売れなくなるのと一緒で
ワゴンRとか目が腐るほど見慣れてるので
いい加減飽きた車

72: 2016/08/13(土) 10:53:01.68 ID:u/gBYzZ/
ライバルが増えただけでしょ。
この手の車初代はほぼ一択だったんじゃない

74: 2016/08/13(土) 10:53:52.28 ID:AF9lGUEr
ワロンRだけじゃなくて、ムーヴもNWGNも売れてないだろう。

流行りが、タントとNBOXなど箱軽に移っただけ。

スズキなんて、ハスラー売れているからいいだろ。

103: 2016/08/13(土) 11:22:42.11 ID:1swUM9B1
車をぶつけて代車でワゴンRに乗った、物凄く加速はいいし、乗りごごちはいいし
実際にワゴンRに乗ってみれば良さを解ってもらえると思う

スズキの車ってたいした事ないと思っていたが始めて乗って物凄く良いと思った

124: 2016/08/13(土) 12:10:01.41 ID:dnY0CcFo
>>103
軽にしちゃ出足がいいよな。軽くて。
ホンダみたくエンジンうるさくないしな。

151: 2016/08/13(土) 13:05:25.05 ID:mpPtE003
>>103
俺も代車で最近乗ったけど、普通に街中走る分には充分な加速あった、坂道もエネチャージのおかげか軽さのせいか思いのほかグイグイ登って俺の初代フィットより静かで初期トルクある様に感じたわ。高速は乗らなかったから分からんけど

ただ運転席高くて縦に細長い車に乗ってる、車幅が細い感がアリアリで曲がる時とかひっくり返るんじゃ?と不安になって怖かった

116: 2016/08/13(土) 11:43:07.11 ID:4htkf2+/
ハスラーあるからワゴンRはいらんやろ

ハスラー
アルト
スペーシアだけでよい

122: 2016/08/13(土) 12:07:48.28 ID:dnY0CcFo
ワゴンRハスラーにすりゃ良かったのにね

125: 2016/08/13(土) 12:13:31.32 ID:4htkf2+/
>>122
ハスラーあるのにワゴンR買うやつはバカだろな
走りならアルトワークスだし
収納だとスペーシア

すべて中途半端なワゴンR
もうオワコンだろ

127: 2016/08/13(土) 12:16:59.06 ID:dnY0CcFo
>>125
ハスラー特徴ありすぎて嫌な人にはいいんじゃね?
ワゴンRはシンプルでノーマルだから年寄りにはいいよ。

149: 2016/08/13(土) 13:00:27.48 ID:kuyJeaG5
ワゴンR+ギャルソンエアロ=アホというイメージが付いたからなあ

163: 2016/08/13(土) 13:48:46.16 ID:nDVFj3A1
MH22が至高だったな
いまだに古臭さを感じないデザイン

179: 2016/08/13(土) 15:17:51.85 ID:+U7AWhpp
初代がいちばん洗練されてたな。後席ドアが左側だけという割り切りも新鮮だった。

180: 2016/08/13(土) 15:20:20.11 ID:MUl+k6Mm
初代は良かったな
あのデザインは売れる!と思ったが鈴木の社長はこんなブサイクな車売れるのか、と思っていたという

193: 2016/08/13(土) 16:46:04.17 ID:IHHzp4EB
これ現行なの?NBOXやタントカスタムと比べるとデザインが一昔前だな

no title

196: 2016/08/13(土) 16:59:00.52 ID:Y8DmN4+I
元々、売れ過ぎだったのでは?

198: 2016/08/13(土) 17:06:22.28 ID:OXSEC99g
>>196
ハスラーはワゴンRキラー

242: 2016/08/13(土) 19:32:03.75 ID:NKLMiin8
時代時代でニーズも違うからなぁ。
ワゴンRが開拓した軽トールワゴンはその流れでタントの軽スーパーハイトワゴンへ移ったからね。
まあ、その時代を作ったんだから役目は果たしたって事だろ。
時代に置き去りにされたアルトやミラの普通の軽だってイマダニ現役なんだから需要がある間は生産続ければいいと思うよ。
再びワゴンRの時代が来るかどうかは知らんけど。

261: 2016/08/13(土) 20:54:10.96 ID:znq037Yo
スティングレー=DQNのイメージ付いてるからな
もうスティングレー辞めるかノーマル顔のターボ車だせや

281: 2016/08/13(土) 21:29:47.02 ID:HDM3l3EI
ワゴンRは3代目まで、リアクォーターウインドウがあった。
4代目以降はそれが無くなり、「ワゴンRらしさ」が無くなってしまった。
N BOXはリアクォーターウインドウがある。
有りと無しとではデザインが大きく変わるので、復活して欲しい。

285: 2016/08/13(土) 21:31:27.40 ID:62zHRUhr
ブレーキランプが片方しか点かないからだろ!

291: 2016/08/13(土) 21:34:53.40 ID:Tii9oYq5
天下取ってたんだから十分だろ、いつかはブランド力も落ちるわ

352: 2016/08/13(土) 23:17:59.38 ID:iUO2GNtf
ライバル車ムーヴも存在感薄くなったよね

389: 2016/08/14(日) 09:03:01.78 ID:MwpxTj1s
いまだ二代目のRRが走ってることをみるとあれがイメージ的な答えなんだと思う。
路線的には初代のギア感テイストと二代目RRの中間を行ってくれたら乗ってみたいかな。

378: 2016/08/14(日) 06:31:22.05 ID:sxdSFEdj
ワゴンR路線でいいと思う
ライバルのムーブなんて、なにあれ!?というぐらいの激変についていけない

716: 2016/8/(日) 17:06:28 ID:kURumANia


↓↓↓こちらの記事も読まれています!↓↓↓