1: 2019/11/19(火) 04:09:50.82 ID:mGfmj5a19
2019年の東京モーターショーに出展され注目を集めたあるスーパーカー。
実はこの車のボディは“木”でできています。

といっても、木材をそのまま使ったわけではなく、木を使った「新素材」で、その強度は鉄の5倍以上とも言われていて、しかも5分の1の軽さです。
この素材が我々の生活を大きく変えるかもしれません。

■ “木”でできた「スーパーカー」

2019年の10月24日~11月4日まで東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー」。
自動車メーカーなどが車の可能性を感じさせる近未来的な数々のコンセプトカーを出展する中、ひと際異彩を放ち大勢の来場者の目を引いていたのは、環境省のブースにあったスーパーカーでした。
この自動車を視察に訪れた小泉進次郎環境相も驚きと期待を口にしました。

「実際にボンネット持ちましたけど、片手で持てるボンネットを持ったのは初めてです。
木の国日本ですから、そこに向けても大きな希望になると思います。」(小泉進次郎環境大臣)

小泉環境大臣が口にした“木”というキーワード。
スーパーカーの内装には一部木材が使われていますが、それだけではないといいます。
一体どういうことなのでしょうか?

「このスーパーカーは木から造った車なんですね。
より正確に言うと木材の半分を占める『セルロースナノファイバー』という材料を使って“硬い軽い材料”を作る。
これでボンネットだとかバックウインドウといったところも、全部、植物由来のセルロースナノファイバーという材料で作っています」(製造に携わった京都大学 矢野浩之教授)

「セルロースナノファイバー」とは、樹木などの植物に含まれる非常に細い繊維のことです。
その単位は数10nm(ナノメートル)、髪の毛の数万分の1という細さです。

セルロースナノファイバー材料の作成工程はこうです。
木材のチップを加工し、紙の原料となるパルプを作成。

このままだと、強度はほとんどありません。
このパルプをさらに特殊な薬品でほぐし、セルロースナノファイバーの密度を上げることで、鉄の5倍の強度を持ちながら、5分の1の軽さの材料となるのです。

「セルロースナノファイバーを使った材料を使うことで、この車にして2割くらい軽量化ができている。
それで燃費が1割くらい向上する。その分CO2の排出が減る。だから“環境省の造る”スーパーカーなんです。」(京都大学 矢野浩之教授)

■ 生産から利用、廃棄まで…環境に「すごく優しい素材」

京都大学の矢野浩之教授は、京都大学・宇治キャンパスの木に囲まれた穏やかな雰囲気の研究室で約40年間、セルロースナノファイバーの研究を続けています。
軽くて頑丈、原材料も植物でリサイクルも可能と、理想的な素材とも思えるセルロースナノファイバー。

MBSが2005年に取材した際には、セルロースナノファイバーを透明にする加工技術を用いて、紙のように薄いディスプレイを研究。
大手メーカーとも協力して、発光するところまで開発を進めるなど、長年、この素材の活用方法を模索してきました。

「一番資源として豊富なのは木ですが、竹や稲わら、あるいは水草、キュウリやレタス。植物は皆セルロースナノファイバーでできている。
(植物の中で)作られるときは大気中の二酸化炭素を吸収してくれて、廃棄にあたっては、うまく分解してくれるし、燃やしてエネルギーとして使うこともできる。
生産から利用、廃棄にわたってものすごく環境に対して優しい材料だろうと」(京都大学 矢野浩之教授)

しかし、課題もあります。
量産するのに莫大なコストがかかってしまうのです。

「プラスチックの中に混ぜて強度を上げたいというニーズが一番多いんですが、結構大変」(京都大学 矢野浩之教授)

■ 「京都プロセス」で製造コスト10分の1にカット

そこで矢野教授ら京都大学と京都市産業技術研究所などの研究で発見されたのが、「京都プロセス」と呼ばれる加工方法でした。

☆続きはソースでご覧ください
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00010000-mbsnews-sctch
no title

no title
元スレ:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574104190/
2: 2019/11/(水) 06:57:00 ID:kurumania
2: 2019/11/19(火) 04:16:48.06 ID:VBP9BX100
燃えたらあかんのでは

98: 2019/11/19(火) 05:20:52.66 ID:T70sDCAP0
>>2
基本的にはプラスチック
難燃剤を添加するから難燃性にできる

というか、今の車で繊維強化プラスチックを使ってない車なんて無いだろ
カーボン繊維がセルロール繊維に置き換わっただけ

4: 2019/11/19(火) 04:19:09.26 ID:SkpdMmsk0
虫食いとか起きないの?(´・ω・`)

38: 2019/11/19(火) 04:44:52.36 ID:vAjsPa7L0
>>4
シロアリにやられるかもなw

7: 2019/11/19(火) 04:24:00.42 ID:zHxT7l3V0
鉄の5分の1の重量で2割の軽量化か
エンジンや駆動部は代替できないだろうからそんなもんかな

731: 2019/11/19(火) 12:56:59.56 ID:BOfwnyV60
>>7
燃費もいいけど、軽過ぎることで出てくる不具合ってないのかな?
以前あった、分離帯乗り上げ反対車線のバスに突っ込んだ事故の映像みたら
車がフワーッて浮いて飛んでる感じだったな
昔の車ならあんなに飛ばないだろって思った

10: 2019/11/19(火) 04:29:30.20 ID:0eGjdyPk0
鉄の何倍のコストなんだろうな

24: 2019/11/19(火) 04:38:32.89 ID:zyCmf+Hj0
とりあえず靴のソールとして成功しているのは確かだ
車だけ見ると懐疑的になる素材だけど他に活かせる所がたくさんありそう

25: 2019/11/19(火) 04:39:13.79 ID:TDd69Con0
しょせんロマンよ

29: 2019/11/19(火) 04:40:26.49 ID:A/lx8R9G0
イギリスでバックヤードビルダー的な自動車メーカーが最近まで
完全な木製フレームのクラッシックなスポーツカー作ってたぞ

186: 2019/11/19(火) 06:13:07.81 ID:UFjfeX8N0
>>29
モーガンは今でも一部木製

39: 2019/11/19(火) 04:45:47.05 ID:xixMD/c60
強度があってもショックを吸収できなきゃダメなんじゃない?

88: 2019/11/19(火) 05:14:42.67 ID:g3HKvdjn0
カビで腐ったり、きのこ生えたり、虫湧いてtら笑える

92: 2019/11/19(火) 05:17:22.84 ID:g3HKvdjn0
強度とは言っても、曲げ、伸縮、折れ、貫通等色々あるからな一概に良いと言っていいのか

105: 2019/11/19(火) 05:24:38.57 ID:Qkck6pxB0
モーガンよりは環境に優しくなさそうなんだが。

106: 2019/11/19(火) 05:24:47.97 ID:URurEUje0
まずモーガンに採用してもらおう


125: 2019/11/19(火) 05:41:20.66 ID:bKuk5Xmf0
ボケッとみてたらフロントライトなのかテールランプなのかわからん形してるな
うんでもカッコいいな次のプラモは車造ってみようかしらね

199: 2019/11/19(火) 06:19:57.34 ID:dvh67hCJ0
スピード出したら飛びそう

202: 2019/11/19(火) 06:20:49.95 ID:9J6wDm9J0
従来のカーボンファイバーは廃棄って埋めるしかないから
環境に優しくないしういう試みをやってるんであって
石油産業も転換点かな

211: 2019/11/19(火) 06:30:54.84 ID:ds6ozPqT0
FRP、CFRPの繊維をセルロース繊維にしただけのプラスチック製品だろ
利用価値はあるだろうけど、環境に優しいかどうかは疑問

242: 2019/11/19(火) 06:59:09.11 ID:8oXJvTY50
>>211
まあ、「ガラス繊維や炭素繊維と比較すれば」環境いい、とは言える。

220: 2019/11/19(火) 06:37:49.56 ID:fC1B9/L90
硬すぎてすぐ割れるとか、難燃性は大丈夫なの?
シロウトでもぽっと思いつくことだからクリアしていると思うけど

226: 2019/11/19(火) 06:42:23.70 ID:SzCCrPsq0
>>220
セルロースファイバーは50年くらい前から、建材で使われてるくらいだから、その辺はクリアされてるだろうね。

ただこんな加工しにくいものが普及する訳もないんだけどね。

262: 2019/11/19(火) 07:17:21.42 ID:eVqcG4IK0
これと3Dプリンターの組み合わせで製造の姿が変わる

292: 2019/11/19(火) 07:32:22.81 ID:SM6QIded0
強度は鉄の5倍
重量は鉄の5分の1

しかし
価格は鉄の500倍


そういうオチだろ

297: 2019/11/19(火) 07:36:51.85 ID:8oXJvTY50
>>292
というオチだったのが、それなりにお安く使える目処が立ちました

って記事だけどな、これ。

まあ、スレタイだけ読んでレスすることこそ、2ちゃんニュース板住民と言うにふさわしい、スバラシイことではあるけど。

314: 2019/11/19(火) 07:46:40.57 ID:dLZ0JVhU0
走り屋界に激震だな
軽量化に勝るチューニングはない

334: 2019/11/19(火) 07:56:17.23 ID:sI+8hdlM0
>>314
走り屋には金銭的に無関係な話だろう

403: 2019/11/19(火) 08:27:02.51 ID:unIBqX680
f1とかで使われそう

512: 2019/11/19(火) 09:12:36.24 ID:I0WeSlll0
コストが高いって実際どれくらいなんだろ
カーボンファイバーでもバカみたいに高いよな

522: 2019/11/19(火) 09:19:32.08 ID:8nCg8WeB0
>>512
だいぶ安くなってるよ。

バカが元の値段が書いてないからまだまだ高いみたいな事言ってるけど、カーボンと同じでこの先間違いなく一般的な価格になる。

というのもカーボンと同じでセルロースナノファイバー自体はすでに素材として使われてるから。
要は混ぜモノをどうするか、どういう特性を持たせるか、そこのコストだけの話だからね。

716: 2019/11/(水) 06:57:00 ID:kURumANia

本日の人気記事!
         

    コメント

     コメント一覧 (12)

      • 1. 名無しさん
      • 2019年11月20日 07:14
      • 横風に弱そう…
      • 0
      • 2. 名無しさん
      • 2019年11月20日 07:24
      • 混ぜものは水溶き片栗粉にすれば安上がりだな
      • 0
      • 3. 名無しさん
      • 2019年11月20日 09:13
      • ああ、進次郎がペラのモックアップのボンネット持って「軽い」って連呼してたやつか。

        誰か「補強がない展示用モックアップですから」「カーボンよりは重いです」って教えてやれよ。あいつ馬鹿なんだから。
      • 0
      • 4. 名無しさん
      • 2019年11月20日 10:24
      • 耐候性はどうなんだろ?
      • 0
      • 5. 名無しさん
      • 2019年11月20日 12:20
      • どうせ量産に向かないから高いんだろ?
      • 0
      • 6. 名無しさん
      • 2019年11月20日 13:30
      • キツツキ「…」
      • 0
      • 7. 名無しさん
      • 2019年11月20日 15:44
      • つ「真庭」
      • 0
      • 8. 名無しさん
      • 2019年11月20日 15:53
      • まあこれが自動車に使われるかはともかく、この技術を他の分野にどうやって応用するのかって話でしょ
      • 0
      • 9. 名無しさん
      • 2019年11月20日 17:40
      • 鉄の五倍の強度だけどキツツキでなんとかなるやろ
      • 0
      • 10. 名無しさん
      • 2019年11月20日 21:19
      • FRPもCFRPも廃棄が厄介なのはつなぎの樹脂のせいだろ
      • 0
      • 11. 名無しさん
      • 2019年11月21日 16:03
      • トラバント「勝った」
      • 0
      • 12. 名無しさん
      • 2019年11月23日 11:43
      • 資材なんだから安くつくれないといみないよ
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット