カテゴリ:ホンダ

1: 2017/11/13(月) 06:50:25.27 ID:CAP_USER9 大手自動車メーカー、ホンダの生産工場がある埼玉県寄居町で、歴代のホンダ車が町なかをパレードする催しが12日に行われました。 寄居町では、地元の商工会などが地域の活性化につなげようと、毎年、この時期に歴代の ...

1: 2017/10/16(月) 19:42:31.33 ID:dHACyrT40 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典 ホンダが9月1日に発売した軽自動車「N―BOX」の新型車の受注台数は、10月4日までに5万2000台を超えた。 また17年4―9月期の登録車を含めた販売台数で1位を獲 ...

1: 2017/08/27(日) 12:32:49.18 ID:GvdTi0sd0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典 ホンダ・インテグラ・タイプR(DC2)に試乗 「前輪駆動の英雄」と評価 テスト日 : 2017年08月20日 文・マット・プライヤー  中古車の相場理解 ...

1: 2017/08/10(木) 03:23:22.36 ID:CAP_USER ホンダのハッチバック・ハイブリッドモデル『インサイト』新型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。 「インサイト」は、ホンダが2シーターハッチバックとして1996年に初代モデルを発売、当時プリウスを凌ぐ燃費で ...

1: 2017/08/10(木) 13:43:30.41 ID:ZgaHNxcl0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典 ホンダ、往年の人気モデル『ビート』の部品供給を開始 夏季休暇の期間には先祖の霊が帰ってくるというお盆を迎えるが、そんな盆供養にあやかったわけでもないだろうが、 ホンダ ...

1: 2017/07/29(土) 10:19:39.34 ID:fqXRV9iO0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典 『グレイス』という車名を聞いて、すぐにクルマを思い浮かべることができる人はどれほどいるだろうか。 2014年に登場した歴史の短いモデルだからしかたがないが、ベースはアジア地区 ...

1: 2017/06/26(月) 09:50:33.54 ID:XZVQgEK70 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典 ホンダが1999年から2009年までの10年間にわたり販売したFRオープンスポーツ、『S2000』後継モデルが、コンセプトモデルとして東京モーターショーで復活する可能性があることが分かった。 ...

1: 2017/06/09(金) 19:04:22.02 ID:B15fyOjj0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典  本田技研工業は、今秋フルモデルチェンジ予定の軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」「N-BOX カスタム」の内外装を新型N-BOX先行情報サイトで公開した。  同サイトでは、エク ...

1: 2017/05/25(木) 22:47:09.20 ID:Udf3CUEX0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典 ホンダ、「N-BOX」を今秋フルモデルチェンジ。公式サイトで先行公開 2011年12月に発売されて以来、初のフルモデルチェンジ  本田技研工業は5月25日、今秋フルモデルチェンジ ...

1: 2017/04/29(土) 09:29:58.72 ID:2kj8Onnw0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典 2017年6月発売予定のフィット公開。 https://twitter.com/pomu_channel/status/858038876966965248 元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493425798/ ...

1: 2017/04/14(金) 18:45:30.16 ID:CAP_USER 米国では新車を短期間のみ借りる形で利用する人が増加しており、その人気はこれまでにない高まりを見せている。 また、自動車を所有している人もその約3分の1が、携帯電話と同じ程度の期間で車を買い替えている。 だ ...

1: 2017/04/08(土) 11:09:25.81 ID:Kuq9YdiF0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典 ホンダは、『ヴェゼル』および『ヴェゼル ハイブリッド』の2016年度(2016年4月~2017年3月)販売台数が7万3583台となり、暦年に続き年度でも、3年連 ...

1: 2017/04/06(木) 08:51:34.44 ID:PXd57RAj0 BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典 ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、ホンダのエンジニアリングチームは競争力のあるF1パワーユニットを造るという仕事を過小評価していたと認め、 昨年の12月の段 ...

↑このページのトップヘ